抜け毛を気にする人の悪循環!頭皮ケアのし過ぎが最悪の結果に…

抜け毛の多い人は悪いのは頭皮の皮脂だと、完全に取り除こうとするでしょう。それでは頭皮が脂っぽいと思い皮脂を洗いすぎると、今度は頭皮の水分が失われるため逆に皮脂を余計に分泌してしまうんです。

夜だけではなく朝も髪を洗ったり、何回もシャンプーすることは、皮脂が過剰になるのです。

そのため髪を洗うのは夜にだけやれば完璧といえます。

皮脂には髪や頭皮を乾燥から守り潤いを保つために必要なバリアの仕事をしくれてるんです。なのにきっちり洗ってしまえば、乾燥した頭皮に炎症が起こるなど頭皮の状態は逆に悪化してしまいます。
もちろんまったくシャンプーせずに皮脂が酸化するようだと、それが原因となり頭皮に炎症がおこることもあります。

そんな訳で基本的に毎日夜だけ適度にシャンプーをしていれば問題ないです。

薄毛ケアはどれくらい行えばいいのでしょうか?頭髪ケアをしても、突然髪の毛が生えるといったことはまず起こらないです。
どれほど育毛剤を使っても、そうした薄毛ケアの成果というのは毛髪周期の誤差があるので、髪が育ってくるにはしばらく期間がいりますね。最低でも3、4カ月程は根気よく、発毛ケアを積み重ねることが肝心です。

するとそのうち成果がでてきます。

育毛剤にはその人によって合うものとあわないものがあり、どの育毛剤を選ぶかによっても、効果は異なってきます。だからこそ、使用してみないことには自分にとって有効かどうかは判断しかねるというのが正直なところです。そういうものの、使わないでいるより使った方が、良くなる可能性は高くなりますので、試してみる価値はあるのではないでしょうか。
髪が薄くなってくるとついつい頭皮の皮脂を、完全に取り除こうとしますよね。それだと頭皮がベタベタするからと皮脂を洗いすぎると、頭皮が乾いてしまうので余計に皮脂を分泌することになるんです。

夜だけでなく朝もシャンプーする習慣があったり、1日のうちに何回も髪を洗う習慣は、逆に皮脂が過剰に増えるんですね。

なので髪を洗うのは毎晩1回で十分でしょう。